人目のお客様、ようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり、ぼくもっと欲しいんだよ。:But I want moreをアップ

こんにちは。

そろそろ区切りを付けようと思ってたので、




Youtubeに、”But I want more”をアップしました。

微妙な仕上がりではありますが、いつものことになってきたのが少々悲しい。(T○T)
でも、数をこなして見えるものがあると思うので前に進むことにしました。(笑)

この曲、起伏に富んだ、ドラマチックな名曲だと思ってます。
途中のカッティングがかっこいいです。(実はマイケルのカッティングフレーズ大好き。)

まあ、マイケルファンの中でも好みの分かれる曲でしょうね。

以前からコピーをやりたかったんですが、不明点が多くてできませんでした。

これをコピーできたのは、楽譜の効果が大きいですわ。

楽譜に頼るなってカキコもありますが(笑)。

楽譜があると、コードの記載があるだけで助かりますし、
コードと外した音などを拾うのに重宝するんです。
これだけで、かなりの時間短縮だと思います。
(実際、この曲はDmのキーですが、Dメジャーのコードがよく現れます。)


さて、今回も勉強になりました。

前回2曲がギター超難易度の大作だったので、それに比べればテクニック的に難しいところは
少ないかと思いますが、私にとっては難しい部分が結構あり勉強になりました。

・クリーントーン

 どうやって音を作れば良いのか?今でも分からないのですが、
 マイケルのクリーントーンは、ポップス系のクリーンとは違って、
 非常に丸みがある音に思えます。(やっぱり、中音域が高い?)

 微妙にトーンを変えながら撮ったのですが、もう少し研究が必要ですね。

・アルペジオ

 パワーコードだけですまないアルペジオなので、指に覚えこませるのが面倒でした。(笑)
 それより、6/4拍子という中途半端な拍子に苦労しました。
 とくに、イントロのアルペジオ。弾いててすごく気持ち悪かったです。
 聴いてるだけのときには、全く違和感がなかったのに。。。

・チョーキング

 中間ソロのチョーキングの出だし。
 マイケルの曲はチョーキングが特徴的ですが、特にここは
 意外な荒業でした。
 2音半から1音、そしてダウンさせて元の音に戻る。
 ここばっかり何回もやりました。(笑)
 また、中間ソロのチョーキングビブラートも微妙に細かなビブラートで、
 手がぷるぷるしてました。(笑)

・全体的にギターの音が埋もれている。

 神話のアルバムはギターの音が全体的に小さいように思えます。
 特にこの曲は音が埋もれてるようで、聴き取り辛いです。
 他のパートがおかずを入れると、ほんとに聴こえ辛いです。
 譜割の苦手な私はこういうところで特に苦労するんです。(笑)

まあ、こんな感じで苦労したんですが、最近は少々コピーが前より楽になってきた気がします。

やっぱりマイケルの癖フレーズが含まれてるんで、
以前コピーしたフレーズが使えたりします。

例えば、ラストフレーズのチョーキングの連続。。。。Into the arenaとポジションまで同じでした。

Lost Horizonsのときも、Looking for loveに似たような感じがあったんですよね。

何となく癖がある程度見えてきた気がします。

ただ、そうだからって弾けるわけではないですけど。(笑)







さて、次は何をやろうか?って今迷ってます。

目移りしてるんですよね。(笑)

この曲もLost~もそうでしたが、Youtubeでスタジオ版のコピーを見かけない曲です。

次もそういう選択にしたいと思ってます。

実は候補に抱いてる曲はあるんですが、、、、楽譜がない!

以前、ヤフオクで手放したんだった。。。。。

というわけで、
どなたか
Built to destroy
の楽譜を見せて頂けないでしょうか?



無い物が欲しくなってきた今日この頃、、、、
やっぱ、僕もっと欲しいんだよ。(笑)



ちなみに、、、、、、



















マイケルのコピーを再び始めたころ、3月頃からの消耗品です。

DSCF3618.jpg

何となく溜まってました。(笑)


弦は数え切れません。
ピックも、ここまで先が丸くなるまで使って、、、、けちなもんで。(笑)

練習だけは怠りません、、、というより、楽しいから怠るわけもないのですが。

これだけの量の上達をしてるのかは疑問ではあります。(笑)

昨日But I want moreを撮ってるときも、1,4,2,3弦の順番に切れてくれました。

切れ始めると時期があるのか、立て続けです。

でも、何故か昨日は、Axemanレベルは上がりませんでした。(笑)

私も消耗したピックのように丸くなったのか?(笑)
スポンサーサイト

娘よ。。。。

我が家には、怪獣が3名いるので、
よくビデオを回すのですが。。。。。

何気にビデオを撮っていると、娘が鼻歌を歌ってました。




パパに洗脳されたのでしょう。(笑)

でも、他の曲もよく弾いているのに何故この曲?

渋いぜ、娘。

本質を良く分かっているぜ。

マイケルは娘のハートをキャッチしたんでしょうか?(笑)

物欲:マイケルV

最近、ふつふつと物欲が沸いてまいりまして。

ギターに費やせるお金が今不足しておりまして、
以前の趣味のものを売ることを検討しております。

候補は当然、マイケルVでして。

最有力はこれです。

EDWARDSマイケルV

7万5千円~8万円位で販売されているようですね。
初期の香りが漂ってくる憧れのデザインですわ。
以前持ってたんですが、チューニングがあわず、オブジェとしてヤフオク売買しました。

ところが、最近になって、このモデルが気になり始めました。

DEANマイケルVレトロ

別に最近出たものではないですが、魅力的なのはその価格ですわ。

4万6~7千円で買えるじゃあないですか。

スタンダードより安い!

それもカスタムと同じく、
・セットネック
・マイケル使用のピックアップ
・マホガニーボディ
という仕様。

カスタムとの違いって、、、、中国製と韓国製の違い?

まあ、弦の張り方は違うのですが、、、、。

カスタムとスペックは同じと考えて、定価で比べると、
カスタム:148000円に対して、レトロ:79800円。

差額:68200円!

これが、生産国の違い?

ええっ、冗談でしょうって感じです。

確かに中国と韓国では賃率は1/5以上違うでしょうけど、
いずれも量産ギターですから、機械をかなり使用しているのは間違いないと思います。

それより、、、、儲けの上乗せが大きいの?

レトロがこの価格で買えるとは、、、、仕上がり云々の話がHPに出てましたが、
それを少々我慢すれば、、、相当コストパフォーマンスが高いと思います。


かなりぐらつきました。(笑)

というより、両方欲しくなってきたんですけどね。(笑)

ちなみにギブソンVは考えたことがありません。
私には高値の花すぎて、買えません。(笑)

安めのVがヤフオクに出てますけど、とんがりヘッドのモデルばかりなので、
私の好みでは買えないです。(笑)

丸いヘッドは高すぎるし。

フレーズクイズ第2弾

こんばんは。

昨日フレーズクイズの第2弾をYoutubeにアップしました。

BECKのテーマソングに気をとられていましたが(笑)、
師匠のSpotlight kidを見て我に返りました。

”やっぱ、ハードロックじゃ”

”俺はマイケルを弾きたいんだ~”

そうでした、そうでした、
コピーの途中だったんだっけ。

この曲は前の2曲に比べるとギターは超難易度という感じではないですが、
さすがマイケルの曲。

すんなりコピーさせてくれません。(T○T)



神話の曲ですよ。

この曲の中間ソロのチョーキングがこんなに難しいと思いませんでした。

2音半チョーキングの後1音チョーキングを鳴らして、元の音に戻る?
意外な荒業でんがな。


音程とるのがムズイですわ。。

あと、6/4なんで、アルペジオ弾いててもなーんかしっくり来ず、
気持ち悪いんですわ。

気持ちよく弾くには時間がかかりそうですね。


さて、2、3問目の回答ですが。

2問目はMcSGからの曲です。

マイケル節が漂った曲だと思ってますが、
完全にコピーする気はありません。

でも、そのうち弾き語りできるようになるでしょう。(笑)

こういう曲好きですね。


3問目は、Rock will never dieを見ているとお分かり頂けるかと。

この曲のソロはライブで色んなバージョンがありますが、
この頃が一番バンドとしてのってる頃なので好きなんですね。

ソロも一番いい感じのできだと思ってます。
(うおー、賛否を呼ぶな。笑)

別にライブ版が良いって言ってるわけではないですよ。(笑)

どれも味があります。

歌い方だって、どれも全然違うし。

って、何の曲か分かりました?

2問目:時間、3問目:お医者さん

が回答でした。

1問目は、”やっぱり、僕もっと欲しいんだよ”

です。


今の私の気持ちを表している曲で、
僕はフライングVがもう1本欲しいんです。(笑)


えっ、当然マイケルカラーですよ。

ギブソンタイプ。。。。コピーモデルで良いですから、
どなたか安価で譲っていただける方、お待ちしております。

師匠の演奏(リッチーブラックモア編)

最近結膜炎で体調を崩されたそうですが、
元気な演奏が見れて何よりです。

再び師匠の新作を見させて頂きました。

今度はリッチーブラックモアですね。

以前お店に伺ったときにやられると聴いて、
前回のイングヴェイのビデオでリッチーカラーのギターが登場したので、
布石だったのですね。(笑)




完コピのリッチーっていうのをあまりお目にかかったことがないのですが、
やっぱり流石です。
(どうも、リッチーをコピーする方は、アクション、ライブの演奏に影響されている方が
 多い感じで、プレイを自分流にアレンジされる方が多いように思います。)

懐が深いですねえ。

何をプレイされても流石ですわ。

この曲、私もコピーしたことがあるので少々分かるのですが、
実はリフから難しいと思ってます。

師匠は16分でノリよく弾かれてますけど、
私は8分でしか弾けないのが悲しいところであります。(笑)

私の今までの経験からすると、ハードロックをプレイされる方は、
速弾きのほうに目を捉われてカッティングができないも結構いるように思うんですけど、
こういったプレイは大事だと思います。
(結局、カッティングができないのはオルタネイトが理解できてないのと
 同じだと思うので。。。。。私、以前理解できてませんでしたから。笑)

カッティング軽やかで、演奏の姿からもリズムを感じられます。
(マイケルもカッティング上手いんですよね。
 やっぱり上手い人は何やっても違うわ。)

また、音作りも流石ですね。

リッチーですわ。

私は音作りがすごく苦手で、かつ、スイッチ、ボリュームの切り替えも
満足にできません。

自分には基本テクがかけているので、まずは、コピーがある程度できるようになってから
次の段階かと思っています。
(少しは音作りしてるつもりですけど。。。笑)

映画の曲で浮気している場合では無かったか?(笑)


今取り組んでいるマイケルはセカンドの曲なんですが、
改めて練習じゃ!

そのうちクイズ動画がアップされます。(笑)

映画Beckを見てミーハー魂に火がついた

9/8に映画Beckを見ました。

バンドものの映画です。

原作が漫画で楽しく読んでいましたので、
映画も観に行きますよ。(笑)

映画じたい、漫画をよく再現してて、役もはまっており、
楽しく観させて頂きました。

テーマ曲が、Evolutionという曲で映画のプロモにも流れる曲なのですが、
耳に残るリフなんですよね。
縦ノリのロックで歌がラップ調です。

もう、ミーハーなんで思わず即コピーですわ。(笑)




久々にパシフィカを持ち出しました。
なんとなく、Vで弾くような気分でなくて。(笑)

つかの間の耳コピだったので、できは微妙もよいところなんですが、
忠実に再現を目指す感じの曲ではないと思ったのである程度でやめてしまいました。(笑)

音のセッティングも基本マイケル弾くときと同じ。


でもかっこよくは弾けないですねえ。

こういう曲は、足元にギターがあって
大きなカッティングストロークで弾くのがカッコイイと思いますが。

おじさんの私は座ったまま。(笑)


ひと時のコピーでしたが、
青春を思い出すいっときでしたわ。

やっぱ、難しい。。。。Lost Horizons

こんばんは。

一応、Lost HorizonsをYoutubeにアップしました。(T○T)

弾きこなすには並々ならぬ時間がすご~く必要に感じられたので、
現時点までの成果ということで。



ところで、この曲のスタジオ版のコピーをアップされている人いないんですよね。
(私が知らないだけ?)

ひょっとして、触れてはならぬ神の領域の曲なんでしょうか?(笑)


実は、最後が尻切れトンボになっていますが、
映像の後も実は録画はしてあります。(笑)

どうも、興奮しすぎて、半~1拍突っ込んでるんですわ。(笑)
拍がずれると気持ち悪くて聴けたもんじゃないので、カットしました。(笑)


撮り直しも考えたんですが、未完成にしておくと、絶対やりなおすだろうと
思ってやめときました。(笑)


しっかし、難しいです。ほんと。

Save yourselfより難しいと思うのは私だけ?

私には荷が重すぎますか。。。


師匠に弾いて頂きたい曲ですね。(笑)

師匠の演奏(イングヴェイ編)

こんばんは。

師匠から、新しいビデオをアップしたとメールを頂きまして。

早速チェックさせて頂きましたよ。




イングヴェイのFar beyond the sun

激ムズで私なんかコピーしようって気が起きないのが悲しいところではあります。(笑)


おニューのギターも登場のようで。。。。羨ましい。


私ももう1本欲しいと思ってる今日この頃。。。。。。
(狙いは、、、、、やっぱり、マイケルVです。笑
 誰か安価で譲っても良い方おられないですかね。
 DEANでないギブソンタイプがいいんですけど。
 もちろん、コピーモデルでいいです。
 チューニングさえ合えばNo問題です。)



師匠はマイケルだけでなく、エディ、ランディローズ、イングヴェイもコピーされ、
もう、言葉では表現できないほど、さすがですわ。
(チャンネルの壁紙がマイケルなのが、マイケルファンとして嬉しく愛情を感じますわ。)

イングヴェイはデビューからリアルタイムで聴いてますが、
ALCATRAZZが衝撃でした。

黙示録からMSGを脱退後、当然グラハムの行方には注目してたんですが、
そのグラハムがALCATRAZZを結成し、いち早く音源を聴きたくて、
当時テレフォン電話サービスで、”Jet To Jet”を聴いたのを覚えています。

その紹介アナウンスを今でも覚えてるんですが、
例のギターソロの入りが流れ、


”なんだ!これは!!”


って、驚きのアナウンスが印象的でした。

今考えると、
”もう少しましな表現できんかったんかい?”
と思っちゃいますが。


でも当時は、これまでに聴いたことのない異次元の速さを感じたものです。
(イングヴェイは、速さだけでなく、表現力、緩急のつけ方などなど、
 本当に素晴らしいギタリストだと思います。
 マイケルが絶賛するのも分かります。)



今でもJet to Jetの入りは

”弾けません”(T○T)


実際、たまに弾いてみるんですが、
30年経った今でも、何度やっても弾けませんわ。(笑)

これが弾けるようになったら、自分の成長を確実に感じられると思うのですが。




師匠のイングヴェイの中で、特に私のお気に入りがこれ。






Kree NaKoorie



もう、完璧です。

ニュアンスをここまで再現できることに驚愕です。

こうやって、あの表現をしてるのか~と。。。


師匠は、私の100歩、いや、1000歩以上先を歩まれているので、
遠くに見えますわ。(笑)



で、私が将来的に絶対撮り直そう思っているのが、こちらの曲






Looking for love


自分の演奏をアップした後に、師匠がフルコーラス版をアップされたのを
見て、


”やっぱり、全然違う”



と思ってしまいました。(笑)

入りから私は間違っているようで。。。。(笑)

市販の楽譜通りには弾いてるつもりなんですけどね。。。。。。


師匠の研究と譜面はさすがです。



Lookingをいまは取り掛かりませんが、研究させて頂きます。





えっ?





私の演奏?







さすがに、ここにリンクを貼り付ける気にはなりませんよ。(笑)



師匠の名言からすれば、”同じ人間が弾いていると思う”でしょうけど、

まだまだ私は、





”クロマニヨン”




ですから。
プロフィール

geoffryche

Author:geoffryche


全てはここから始まった。。。


お便りはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。