人目のお客様、ようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のハードロックのルーツ

こんばんは。

私のハードロックのルーツ(笑)を思い出すきっかけがありました。

たいそうなことではないが、
久々に聴きたくなったので、Youtubeで探しました。

私の原点はマイケルではないのです。(笑)


KISSです。


まずは、Hard Rockに目覚めた思い出の曲。






この映像では分かりづらいですが、
このシャッフルのドラムのかっこよさに調和した歌とリフが
気に入り、目覚めたんです。

アルバムではエンジンをかける音から始まります。

家で練習するとき、50ccのバイクのエンジンをかけて、
雰囲気を出したのを覚えています。>あほです。(笑)

私はポール役でした。

顔に絵の具でペイントしてギターを構えて写真を撮って喜んだり。

このころ、ギターは私にとっては、”楽器”というより、
写真を撮るための、”おかざり”に等しく、
”弾けません”でした。


やっぱり、良き青春のひと時でした。。。



今でもKISSは好きです。
シンプル、ストレート、キャッチーですばらしい音楽だと思います。
しかし、、、、長く聴けなくなってしまいました。(笑)


KISSに結構はまりましたが、
結局、今思い出すと、特に好きだったのは、この2曲。















マイナなメロが好きだったことに気づきます。

そして、マイケルへ巣立ったのでした。(笑)


私のハードロックのルーツ。。。大事な思い出ですわ。

スポンサーサイト

思い出の品々

皆さん、こんにちは。

帰省中の生活は不規則になりがちで、
飲んでそのまま寝て早朝に目が覚めたりします。(笑)

実家は自営をしているのですが、小さな店舗用の部屋があります。

持ち帰ったDEANのVをその店舗で早朝に弾いていました。






何気なく目の前を見ると、数枚の絵が飾ってあったのですが。。。。

























”うん?”










”はっ!”













”ええっ?”


DSCF3387.jpg

そういえば、高校の美術の時間に描いた絵です。(^^;)









美術の時間に何でこの絵を描いたのか?まったく記憶がないのですが、、、、。












恥ずかしいのを通り越して、


























”店舗に飾ってどうすんじゃ?”






















”これが分かるお客さん来ねえだろ!”











うちに来るお客様は私なんかよりはるかに年上の方
(いわゆるご年配の方々)が多いのですが、
この絵が何ものか分かるような人は、
99.999999・・・・%来ないと思います。(笑)







何でこんな絵を飾るんじゃい?





親父に聞いてみました。



私:”なんであんなもん飾っとる?”


親父:”前は事務所のほうに飾っとったけど、店舗に移した。”





















理由が分からん。













私:”あんなもん、お客さんが見てなんて言う?”


親父:”たまに「あの絵誰が描いた?」って聞かれるぞ。”

















”はあ?”















<< 確定事項 >>

お客様の99%:”変な絵が飾ってあるなあ。”

お客様の1%(”誰が描いたって聞いたお客様方”)
”息子さんちょっとおかしいかなあ。”














心の叫び
:マイケルファンが来るんじゃないんだぞ!








描いた理由は記憶にないですが、
多分、”俺はこういう音楽が好きだー!”という
自己主張だと思います。























お客様に息子の自己主張見せてどうすんだ?





でも、





















面白いのでほっとくことにしました。(笑)

お客様の感想が面白いかもしれないので。


また、

もしかしたら、
”あれUFOのアルバム?”
なんてコアな年配のお客様がいるかもしれないので。





また、うちの親は物持ちが良いので、
こんな物が発見されました。



私が初めて手に入れたギター

DSCF3388.jpg

知ってる人は知ってるでしょう。
”ハリー”という通販で変えた代物です。


中2のとき、ギターが欲しくて欲しくてたまらなかったのですが、
楽器屋においてあるギターは高値の花。

親に言っても、”そんな高いものは買えん!”

それならと、”このギターは安いから買ってくれ!”


親:”・・・・・。”


何とか説き伏せて買ってもらったのです。


高校の入学祝いで、これまたうまく(笑)ねだって、
AriaのマイケルシェンカーVを買ってもらったので、
このハリーギターは、2年ほどしか弾いてませんでしたが。


今見ると信じられないつくりのギターではありますが、
当時はうれしかったものです。



かわいそうな姿にして申し訳ないね。



色んな改造がほどこされて、電気部品が全くありません。(^^;)



ナットのざぐり。

DSCF3389.jpg

マイケルのVがこうしてあり、
”サスティーンが良くなる”とかで
真似して”彫刻刀”で削った記憶があります。



お手製スキャロップド加工

DSCF3390.jpg

ストラトならリッチーモデルだろうを真似して、
これまた”彫刻刀”で削りました。

ただ、これ見ると、”相当な手間”だったと思うのですが、
削った記憶しかありません。
>ひょっとして、俺スーパー彫刻家だったのか?(笑)

色もリッチーカラーに塗装してあります。(すげー雑)


可哀想な姿になってしまいましたが、
青春の1ページであることに間違いはありません。













ただ、
さすがに、
弦を張ろうとまでは思いませんでした。













しっかし、色んなものが出てくるなあ。
プロフィール

geoffryche

Author:geoffryche


全てはここから始まった。。。


お便りはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。